おでかけ グルメ 季節の出来事

りんごは飯綱(旧牟礼村)のサンふじが一番!

更新日:

今年も行ってきました!牟礼のサンふじ!

蜜たっぷりのサンふじを求めて長野県飯綱町(旧牟礼村)へ

我が家のりんごの定番は、

毎年11月中旬から開催される飯綱町(旧牟礼村)の「ふじりんご祭り」の

蜜たっぷりのサンふじです。

サンふじの魅力や牟礼のりんご祭りを紹介します。



牟礼のサンふじは縦横どこから切っても蜜たっぷりლ(´ڡ`ლ)

飯綱のサンふじの魅力は?

・蜜がたっぷり
・パリッとしている食感
・甘みも酸味も強い
・煮りんごやアップルパイなど製菓にも最適

一度食べると、他のりんごでは物足りなくなってしまいます。

「牟礼のふじ・りんご祭り」詳細

日時:11月17・18日、23・24・25日の3連休

9時~15時まで

・直売所「さんちゃん」:11月17日(土)~12月2日(日) 026-253-0033

・横手直売所「四季菜」:11月17日(土)・18日(日)・11月23日(祝・金)~25日(日) 026-253-5153

・JAながの飯綱支所 11月23日(祝・金)JAながの北部営農センター 電話:026-253-2224

値段:自宅用18kg 4000円 箱200円

贈答用もあり、全国各地に配送可能です。

・地元の農家さんの名前が書かれ、試食をしてから買います。

・人気の農家さんのは早々に売り切れてしまうので早めに行きます。

サンふじ祭り・りんごの買い方

①りんごを試食して買う農家を決める

地元の農家さんの名前の書かれた台に試食がおいてあり、その後ろにコンテナに18kgのりんごが入って並んでいますので決めます。

②テントで引換券を購入

エプロンをしたオジサンやオバサンがいますので、引換券を渡してりんごを台車に乗せてもらいます。

あらかじめ、何件買うかがわかっていれば、先に購入しますが、

初めてや、りんごの18kgの量を確認してから、引換券を購入してもいいと思います。

③台車を車まで運び箱に詰め替える

家にダンボール箱があるなら持参。

なければ、引換券と一緒に購入します。

車の荷台で箱に詰め替え、台車を返却します。

美味しいりんごの見分け方は?

10年以上購入していますが、何度か残念な時も・・・、

素人でも間違いない選び方を紹介します。

買う農家さんを決めておく

一度買ってみて美味しかった農家さんの名前を覚えておきましょう。

おすすめは

・峯村勝守農園さん

・近藤正明農園さん

昨年とても美味しかった農園です。

よく試食して決める

農家さんによって、標高や日当たりが影響するようで味が異なります。

裏まで赤いリンゴを選ぶ

間違いないのは、表面はざらざらしている。お尻まで赤い。

表面のざらざらは太陽を浴びている証拠。

コンテナ入ってるものを1つ1つ見るわけにはいきませんが、

表面は見えるので、よくみてくださいね。

表面が薄い赤色だけでは、はお尻側が青いのがコンテナの中に混ざっていることがあります。

自宅用で安価が売りなので、大きさがバラバラは承知していますが、青いのはちょっと・・・。少し青くても甘いのですが、サンふじ特有の蜜はありません。

日持ちするのがほしいと、蜜少なめを買った年がありましたが、イマイチでした。

美味しいりんごを買うコツ!

早い時間に行く

今年は23日(祝日)の10時前には会場に到着しましたが、

お目当ての峯村勝盛農園さんは残り4コンテナ。

近藤正明農園さんは見当たらなかったというか、一箇所空いていたので、終わってしまっていたのかもしれません。

出発地の新潟県は雨でしたが、長野に入るとポカポカ陽気。天気が良かったので人の出が早かったんですね!

数年前は、午後から行った年もありましたが、雨だったせいかたくさんの農家さんが残っていました。

りんごの保存は?

蜜たっぷりのサンふじは涼しいところで保存しましょう。

高気密高断熱の家の方は、冷蔵庫の野菜室での保存がおすすめ!

美味しくパリッと食べるには、お正月前に食べきりましょう。

野菜室はりんごでいっぱい

我が家では、毎年この時期のサンふじ祭りでりんごを2箱(36kg)購入し、実家にも届けます。

スーパーでは青森産や長野産の横文字の名前がついているりんごをたくさんみかけますが、

サンふじ祭りのりんごが出るまで我慢してるわけでもありませんが、

りんごを買わなくなってしまいました。

4人家族ですが、500Lの冷蔵庫の野菜室はりんごで埋め尽くされるのが、この時期の定番です。

おすすめのりんごの食べ方は?

・そのまま食べる

・小さめなら、そのままで皮と芯を取り、砂糖とレモン汁をかけ600W5分レンチン、ひっくり返してもう一度5分レンチン「コンポート」

・6等分し、600W4分30秒レンチン、ラップで包み冷凍する「シャーベット」

・小さく切り、砂糖とレモン汁で煮詰めた「煮りんご」

・煮りんごをもっと煮詰めて「りんごジャム」

・煮りんごと市販のパイシートで「アップルパイ」

りんごがおいしいと、何にしても美味しいლ(´ڡ`ლ)

毎日飽きずに食べてしまい、お正月までにはなくなってしまいます。

タングラム斑尾のラベンダー園&ゆり園は混雑する?

中野市「なかのバラまつり」混雑する?駐車場やアクセス

-おでかけ, グルメ, 季節の出来事

Copyright© ママ・パパ・実体験ラボ【普段ありがちな問題や疑問を解決!】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.