GWの沖縄旅行

JTBでGWの新潟空港発の沖縄旅行予約。特典でびっくり!

更新日:

ゴールデンウイークの沖縄旅行!きっかけは あぶく銭

2018年1月。

仮想通貨で大きく利益を上げた人もいらっしゃったと思います。

( その後の暴落もすごかったですが(^_^;) )

我が家の仮想通貨も凄い金額になっていたので、慌てて利益の一部を消費することに。

ピーク時で****万円は超えていました。

でも、所詮はあぶく銭。。。

楽しくパーッと派手に使いたい。

・・・それなら、とりあえずゴールデンウイークに飛行機旅行をしてみようか。

海外も行ってみたいけれど、子供2人にいきなり海外はキツイかな。

国内で飛行機といえば・・・北海道か沖縄?

でも、寒いのはイヤだから沖縄にしよう。

青い海に潜って、南国気分を満喫してみたい。

しかし、プランも費用も全くイメージが沸かず、とりあえず近くのJTBへ直行することに。

こうして無計画のゴールデンウイーク沖縄旅行がスタートです。

 

JTBでゴールデンウイークの沖縄プランを模索!

車で10分程、イオンの1コーナーであるJTB。

いつもは素通りしていたけれど、初めて足を踏み込む。

「あのー。。。ゴールデンウイークの旅行の相談したいんですけど。」

「こちらで順番予約お願いします。」

順番予約と同時に、きっぷ予約のみor旅行を選択、そして行き先をクリック。

旅行 ⇒ 国内 ⇒ 沖縄

・・・出てきた予約シートを握りしめて、待つこと10分。

「30番の方、どうぞー」

 

早速椅子に座って店員さんと相談。

店「沖縄ですね。いつ頃何泊でご予定ですか?」

私「ゴールデンウイークで、大人2人、子供2人の計4人。期間は・・・そもそも何日くらいあると楽しめますか?」

店「短い人ですと1、2泊ですが、ゴールデンウイークの休みをフルに使う人も多いですね。」

私「ならば・・・5月2日出発、5月5日帰りで」

店「予算はいかがでしょう?」

私「・・・逆に、3泊だといくらくらいですか?」

店「では3つくらいプラン出してみましょうか。」

 

プランの概要は以下の通り

◯飛行機
5/2 新潟空港発 - 那覇空港着
5/5 那覇空港発 - 新潟空港着

◯ホテル
5/2-5/5 3泊4日 朝食のみ

◯レンタカー
4日間

◯その他
フリープラン
⇒ただし、JTBの無料オプションで主要観光地の入場はほとんど無料!

そして、出てきた3つのプランは・・・!

プラン1:

恩納村の高級リゾートホテル

オーシャンビューの部屋

100万円

プラン2:

恩納村の中級リゾートホテル

グリーンビュー(海は見えない部屋)

70万円

プラン3:

本部町の中級リゾートホテル

オーシャンビューの部屋

60万円

 

迷わずプラン3に決定(^_^;)

予算に上限は設けない予定でしたが、突発的に思いついた旅行で100万円は出せません(;・∀・)

「飛行機 + ホテル + レンタカー = 60万円」

一般サラリーマンの家庭からすると、贅沢旅行ですよね。

それで沖縄の海を眺めれるなら満足です。

そしてもちろん、実際の旅行では食事代やマリンスポーツの代金が追加されるわけです。

「60万円 + 食事代 + マリンスポーツ + 観光地入場料 + おみやげ = 100万円コース?」

我が家にはむやみやたらにおみやげを購入したがる人もいますし。

総額は100万円近くなることが予想されます。

(旅行が終わって、実際には総額で87万円でした!)

 

飛行機やホテル予約の詳細

我が家がゴールデンウイークの沖縄旅行を計画したのは1月の中旬。

これは、ハッキリ言ってむちゃくちゃ遅いです。

JTBでは、晩夏9月には翌年のGWプランは発表されています。

当然、リゾート地で好立地にある、リゾート感満載の、リーズナブルなホテルから埋まっていきます。

お金さえ余裕があるなら、年明けくらいの計画でもなんとかなりますが、遅くとも前年の9~10月くらいには宿を予約してしまいたいものですね。。。

まずは飛行機確保!

沖縄旅行を計画する際は、まず飛行機便の確認が必須となります。

当然の話ですが、沖縄は車で行けないから、飛行機が予約できないとどうしようもありません。

そして、飛行機で最初に席が埋まるのは連休(ゴールデンウイークなど)最終日の帰りの便。

特に連休最終日の夕方の便はあっというまに埋まります。

私が予約したとき、行きの便はいつでもOKでした。

しかしゴールデンウイーク最終日、5月6日の帰りの便はもう埋まってキャンセル待ち。

5月5日の帰りの便は残席わずか。

ということでその場で 「5月2日 出発 - 5月5日 帰り」 に決定しました。

 

良い飛行機便を抑えるには、とにかく早めに予約を!

特典がたくさんでお得です!

 

次はホテルを予約!

沖縄のリゾートホテルといえば、こんなところでしょうか。

・恩納村周辺

・オーシャンビューの部屋

・できればJTBの基本料金でいきたい!(1人1泊10,000円程度の宿)

やはり恩納村近辺は人気があります。

恩納村は那覇空港から1時間程度で到着しますし、主な観光地も1時間以内で移動可能。

真栄田岬で青の洞窟もあり、海のアクテビティはいたるところで開催しています。

当然、ホテル数も圧倒的ではありますが、リーズナブルなところは直ぐに埋まります。

 

私のタイミングでは、やはり時すでに遅し。

恩納村周辺では超高級ホテル、もしくは中級クラスのオーシャンビューではない部屋のみ。

結果的に、本部町でオーシャンビューのある中級クラスのホテルにしました。

 

我が家がゴールデンウイークに泊まったのは本部町にあるマハイナウェルネスリゾート。

美ら海水族館のすぐ近く、歩いていけるレベルです。

空港からは車で1時間45分ほどかかりますが、近隣でマリンアクテビティも楽しめます。

価格についもJTBの基本プランで、価格上増しの必要がほとんど無いレベルでした。

実質は1人1泊10,000円くらいのホテル。

4人部屋、朝食のみで40,000円ですから、そこそこ良い宿ということは想像がつくと思います。

 

 

 

最後にレンタカーをチョイス

那覇空港から一番近いトヨタレンタリース。

車の大きさはアイシスやWISHクラス。

基本料金より1日あたり数百円プラス。

 

これらの条件で予約完了。

チケットを受け取って帰りました。

旅行の・・・までに頭金を支払います。

全額払うのは・・・まで。

キャンセルは・・・まで可能です。

最後に反省点!

JTBで申し込むと、無料の入場チケットがもらえるし、プランもごちゃごちゃ考えなくて済むので非常にお得です。

唯一失敗したのは申込みが遅かったこと。

1月中旬では、実質ほとんどホテルは残っていませんでした。

もちろん、お金を出せば良いホテルはいくらでもありましたが・・・

 

また、JTBだと早めの申込をすると、安いだけでなく、早割もあります。

ですので、できるだけ早めの予約をオススメします。

JTBでは無料の入場チケットが貰え、有名所の観光地はほとんど無料で入れます!

JTB・沖縄カップグルメの活用法 沖縄名物もテイクアウト

-GWの沖縄旅行

Copyright© ママ・パパ・実体験ラボ【普段ありがちな問題や疑問を解決!】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.