料理・レシピ

ハンバーグのかさ増しはおからよりボロボロしない冷凍豆腐で!

更新日:

我が家の夕食の定番献立に煮込みハンバーグがあります。

ごく普通の合挽き肉のハンバーグは、子供たちには好評ですが、主人からは「肉肉しい」と不満の声が・・・。

ハンバーグのかさ増しと栄養を考え、かさ増しの定番「おから」を使っていましたが、

入れすぎると焼き上がりがボロボロしてしまったり、口当たりがボソボソだったり・・・。

ある時、冷凍庫の凍った木綿豆腐で作ったところ、

おからのようにボロボロせず、とてもジューシーな煮込みハンバーグができました。

ハンバーグのかさ増しはおからよりボロボロしない冷凍豆腐で!

豆腐のかさ増しジューシー煮込みハンバーグの作り方

家族4人分の材料

豆腐のかさ増しハンバーグの肉だね

・合挽きor豚ひき肉          500g

・玉ねぎ(中)              1個

・人参                  半分

・一度凍らせた木綿豆腐   1丁(300~400g)

・卵                  2~3個

 

下味用

・コンソメ               小さじ1

・ナツメグ                少々

・塩コショウ               少々

 

れんこんはさみアレンジ

れんこんの薄切り             15cmくらい

 

トマトの煮込みソース,しめじ入り

・カットトマト缶             1缶

・玉ねぎ(中)              1個

・にんにく                2カケ

・ぶなしめじ               半株

・コンソメ               小さじ3

・塩コショウ                適量

・赤ワイン              20~30cc

付け合せ

茹でたブロッコリー            一株

作り方・手順

豆腐のかさ増しジューシーハンバーグ

①玉ねぎ、人参をみじん切りする。

②解凍した木綿豆腐を8等分に切り、水分を絞ります。

③大きめのボールに、①、②、卵2個、コンソメ、ナツメグ、塩コショウ、様子を見てパン粉を加えよくこねます。

④形成、油をしかずにフライパンに並べます。

⑤蓋をして弱火~中火で4~5分焼き、焦げ目がついたら返し、4~5分焼きます。

これで、豆腐かさ増しハンバーグの中心まで火は通りますが、心配でも後で煮込むので大丈夫です。

トマト缶の煮込みソース

①玉ねぎ、にんにくをみじん切りにし、オリーブオイルでじっくり炒めます。

②カットトマト缶、コンソメ、塩コショウ、しめじを入れ最後に赤ワインを入れます。

③グツグツ煮込んだら焼き上がったハンバーグを入れて出来上がり。

 

☆にんにくの香り豊かなので、茹でたパスタを下にしくとハンバーグトマトパスタに変身します。

豆腐かさ増しハンバーグは、一度凍らせた効果で豆腐の隙間にトマトソースが入り込み絶品です。

娘は豆腐かさ増しハンバーグよりもトマトソースがお気に入り!

トマトソースをおかわりしてご飯にかけて食べています。

味が染み込んでいるので、かさ増し豆腐煮込みハンバーグは翌日のお弁当にも最適です。

 

れんこんはさみアレンジ

薄切りしたれんこんに片栗粉をまぶし、ハンバーグの肉だねをはさみます。

油をしき蓋をして両面しっかり焼きます。

そのままお醤油で食べてもいいですが、醤油と砂糖とお酒で甘辛煮にしても美味です。

 

~まとめ~

水切りした豆腐をかさ増しに使ったこともありますが、水分が多くてまとまりにくいです。

木綿豆腐は「凍らす→解凍→絞る」この工程で余計な水分がなくなり、隙間に肉汁やソースが染み込むので一石二鳥の効果に。

かさ増しをおからで作る場合は、おからの量を150g以下にし、パン粉は不要になります。

かさ増しのおからが多いと、まとまらずボソボソ、パサパサなハンバーグに。

お肉のジューシーさを感じられなくなってしまいますので注意です。

凍った豆腐のハンバーグよりも、おからハンバーグは固めに仕上がりソースの染み込みは少ないですが、

十分に美味しいですし、食物繊維豊富なヘルシー煮込みハンバーグに仕上がります。

 

-料理・レシピ

Copyright© ママ・パパ・実体験ラボ【普段ありがちな問題や疑問を解決!】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.