お気に入り お気入りの日用品 家電

タオルの生乾き臭には液体洗剤よりも粉末洗剤

更新日:

 

主婦の仕事で、洗濯は毎日の日課。

洗濯に欠かせないのが、洗濯洗剤です。

我が家は冬場は液体洗剤を使い、春から秋は粉末洗剤を使っています。

使い分けに至るまでには、ドラム式洗濯機でのタオルの黒ずみや生乾き臭からの経験があります。

タオルの生乾き臭には液体洗剤よりも粉末洗剤

昔は粉末洗剤が当たり前でしたが、今は液体洗剤が売り場のほとんどを占めています。

洗濯機も、昔は二層式か縦型の洗濯機が当たり前でしたが、

10数年前ドラム式洗濯機が発売されると、見た目もおしゃれなドラム式洗濯機は家電量販店の洗濯機売り場のほとんどを占領していました。

我が家も、その頃使っていた縦型洗濯機が壊れたため、当時流行っていたドラム式洗濯機を迷わずに購入しました。

10年前にドラム式洗濯機を選んだ理由

ドラム式洗濯機は乾燥機能があるため、縦型洗濯機よりも値段が高く、幅や高さ、重さもあります。

でも、縦型との洗浄力に差は無く、使う水の量は半分でエコ。

また、扉が横で出し入れがラクと説明され購入したのを覚えています。

その頃、住宅を新築していたので、見た目にも惹かれてドラム式洗濯機を選びました。

外干しでもタオルの黒ずみや玉ねぎのような生乾き臭がする

ドラム式洗濯機はタオルのパイルが潰れてしまい、縦型の洗濯機に比べるとゴワゴワするので、柔軟剤を使っていました。

また、洗濯機の容量表示は10キロ、衣類もたくさん入れていました。

洗剤は液体洗剤を使用。

夏から使い始め、タオルの黒ずみは1ヶ月程から気になりだし、

玉ねぎのような生乾き臭のような臭いは部屋干しを始めた初冬には明らかになりました。

液体洗剤はありとあらゆる種類を試すもたまねぎ臭は改善せず

液体洗剤は、アタック、アリエール、トップなど・・・

部屋干し用、最強洗剤とCMしているものはほとんど試してみましたが黒ずみも臭いも改善しませんでした。

外干し、タオルは10回以上パンパンと広げるとパイルが立つと説明書にも書いてあったので、

頑張って干していましたが、黒ずみには効果なし。

洗剤を液体洗剤から粉末洗剤へ衣類の量は6分目に

黒ずみの原因は、柔軟剤の入れすぎと言われていますが、

液体洗剤には蛍光増白剤が入っていないのも原因と思い、

洗浄力も高く蛍光増白剤の入った粉末洗剤「アタック」を使ってみました。

また、ドラム式洗濯機は水の量が少ないので、すすぎ2回では洗剤残りが心配でしたので、

すすぎは3回行い、柔軟剤も少し入れていました。

さらに、衣類も下着や肌着、色物などに分けて6分目の量に減らして洗いました。

洗剤を粉末に変え、衣類の量を減らしてみると、タオルの生乾き臭と黒ずみは多少よくなりました。

黒ずみ改善に煮沸消毒

臭いは細菌が繁殖しているので、布巾のように煮沸をしたらどうかと試してみたところ・・・

真っ茶色のお湯になりました。

煮沸消毒直後は臭いもなく過ごせましたので、気になると煮沸消毒していました。

水漏れで修理依頼、修理の方に不満を相談

ドラム式洗濯機を使い始めて4年ほどで水漏れが発生。

5年保証だったので、無償で修理してもらいましたが、修理の人にタオルの黒ずみや臭いなど・・・

不満を話したら、「やっぱりそうですよね~」みたいな反応でした。

かなりクレームはあるようでした。

粉末の洗剤ですすぎを3回して使っていると話をしたら、粉末の洗剤は使ってほしくないと言われました。

当時のドラム式洗濯機では、粉末洗剤は細かい粒子が細部に入り込んでしまい故障の原因になってしまうので、

できれば使用してほしくないと言われました。

当時は、壊れてしまえば新しい縦型が買えるので、壊れてもいいと思って使っていました。

我慢しきれず縦型洗濯機に買い換え

粉末洗剤で黒ずみや臭い対策をしていましたが、

洗濯時間は1時間、すすぎも3回しているので電気代や水道代はエコではなくなりました。

2013年、ドラム式洗濯機の黒ずみや臭い、洗濯時間にイライラがたまり、

我慢しきれず縦型洗濯機に買い換えることに。

電気屋さんの洗濯機売り場に変化

家電は好きなので、チラシは常にチェックしていましたが、

電気屋さんの洗濯機売り場を久々に訪れたところ・・・。

以前ドラム式洗濯機を買った時よりも、縦型洗濯機の売り場の面積が増え、ドラム式洗濯機は減っていました。

電気屋さんも、縦型洗濯機の方に人気が戻ってきているとも話していました。

縦型洗濯機は6月に新型が発売されるので、我が家は5月の下旬に型落ちを購入しました。

ちなみにドラム式洗濯機は10月に新型が発売されます。

縦型とドラム式の洗濯機、新型発売時期の違いの理由

縦型の洗濯機の新型が発売されるのは6月

その理由は・・・夏にむけて汗などをしっかりと洗いたい気分になるから

ドラム式洗濯機の新型が発売されるのは10月

その理由は・・・寒くなり乾燥機を使いたくなる時期だから

このような理由から新型発売には時期が違っているそうです。

縦型洗濯機と粉末洗剤でタオルの黒ずみ、玉ねぎ臭が改善!

縦型洗濯機と粉末洗剤の組み合わせで洗ってからは、タオルの黒ずみはなくなりました。

また、たまねぎ臭も全くなくなりました。

電気代や水道代はほとんど変わっていません。

縦型洗濯機でも大昔よりも節水できていると思います。

冬場は液体洗剤、春から秋は粉末洗剤

本当は冬場も粉末洗剤を使いたいのですが、冬場の水の冷たさでは粉末洗剤が溶けきれない不安があります。

粉末洗剤で靴下を手洗いすると、水では洗剤のヌルヌルがなかなかとれません。

衣類の洗剤残りは気になるので、水の冷たい冬は液体洗剤を使っています。

泥汚れは粉末洗剤、皮脂や汗汚れは液体洗剤が得意

粉末洗剤の落ちやすい汚れは泥汚れ。

液体洗剤の落ちやすい汚れは身体から出る皮脂などの汚れと言われています。

部活で分けると、屋外の部活(サッカー、野球、テニスなど)は粉末洗剤。

室内の部活(バレーボール、バスケットボール、卓球、体操など)は液体洗剤がいいとか。

タオルの生乾き臭には液体洗剤よりも粉末洗剤~まとめ~

衣類はもちろん、タオルは身体の水分を拭き取る、肌に直接触れるものなので、

玉ねぎのような生乾き臭はストレスになります。

タオルの黒ずみと臭いとの出会いはドラム式洗濯機でしたが、

洗濯もの入れすぎや柔軟剤の量、液体洗剤と粉末洗剤との違いなど、

試してわかったこともたくさんありました。

梅雨時期の部屋干しにも、液体洗剤から粉末洗剤に変えると改善することもありますので、

ぜひお試し下さい。

私の個人的な体験では、液体洗剤よりも粉末洗剤のほうが、洗浄力は上回っていると思います。

汚れがしっかり落ちていると、部屋干しでも細菌が繁殖しにくくなり、結果生乾き臭の防止につながります。

大きいぬいぐるみの洗い方。自宅洗濯機でネットに入れて失敗なし

-お気に入り, お気入りの日用品, 家電

Copyright© ママ・パパ・実体験ラボ【普段ありがちな問題や疑問を解決!】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.