お気に入り お気に入りの車

エスティマアエラス、13年目の車検整備料

更新日:

 

我が家の愛車は2006年式、50系エスティマ・アエラスの4WDです。

現行のエスティマは2019年になっても、モデルチェンジはなく、

一時は2020年に生産中止との噂もありました。

車検はディーラーではなく、軽自動車とのペア割やコスト面で車検のコバックを利用しています。

エスティマの13年目の車検を終え、一昨年前の軽自動車の13年目の車検との比較も紹介していきます。

 

 

エスティマのエアコンカビ臭消えた!エバポレーターとフィルター交換

自動車は10年を超えると、あちこちに交換が必要になってきます。

我が家にはもう1台軽自動車があります。

今年14年6ヶ月乗った2004年式MRワゴンを新車ワゴンRに乗り換えました。

MRワゴンの13年目とエスティマの13年目の車検では大きな違いがありましたので、

そちらの話から紹介します。

エスティマアエラス、13年目の車検整備料や軽自動車との比較

軽自動車は13年の車検が最後に、普通車との違いは?

軽自動車は通勤に使っていましたが、片道4キロ弱あまり。

14年半乗っていましたが、通算走行距離は4万キロ程度でした。

走行距離が少なかったので、大きな交換はありませんでしたが、

15年目の車検は難しい状態だったので、

13年目の車検は最後にするために最低限で行いました。

 

軽自動車の13年と普通車の13年では車体の痛みが違う

軽自動車は走行距離が4万キロ程度でしたので、

走行距離が進むと交換しなくてはならないものは交換なし

走行距離が進むと交換するもの一例

・ブレーキパッド前後

・オートマオイル

・マフラー

・スパークプラグ

我が家の軽自動車の走行距離では交換せずに済みました。

 

経年劣化で13年の車検はMRワゴン最後の車検に

車にはいろんな部位にパッキンが使われていますが、

13年の車検時にパッキン交換を提案されましたが、

今回の車検が最後なので、交換はしませんでした。

また、通勤に使っている道は消雪パイプが出る道。

そのため、消雪パイプの影響があるかもしれませんが、

車体の腐食でタイヤの回り、足回りに穴が空いていました。

整備士さんの話では軽自動車は穴が空きやすく、中でもスズキは特に空きやすいとか・・・。

整備士さんにも、今回の車検で最後と話をしていたので、1万5千円程で簡易的な修理をしてもらいました。

車検のコバック(車検のコバックには姉妹店に板金のモドーリーがある)は幸いにも塗装ができるところだったので、この程度で済んでよかったです。

 

板金塗装のできない整備屋もある

板金塗装をしていない整備屋さんで、このような腐食による足回りの穴が発覚すると・・・

”即車検無理”と言われたり、高額請求もあるようです。

年数の経った車の車検はある程度信用のできる場所選びも必要です。

 

13年目の車検、エスティマはパッキンや腐食の穴は無し

一昨年前の軽自動車の経験から、パッキンを指摘されたらどうしよう?

と少しドキドキしていましたが、実際には問題無し。

足回りも腐食や穴もありませんでした。

整備士さんいわく、エスティマは造りがいいので、軽自動車とは違いますとキッパリ。

普通車は軽自動車と根本的に持ちがいいそうです。

10年目以降エスティマは走行距離もあり、いろいろ修理しています。

走行距離11万6500キロ、13年目のエスティマの車検整備料の詳細

車検の基本料金以外にかかった料金の詳細を紹介

・フロントのワイパーゴム切れのため交換 1200円

定期的に交換が必要

・発煙筒有効期限切れ          1200円

発煙筒は4年毎に交換しています

・左右のヘッドライトくもり磨き     2000円

2ヶ月程前に市販のヘッドライトクリーナーで磨き、綺麗になっていたのですが、

黄ばみ始めていたようです。

エスティマのヘッドライトの黄ばみ解消にチャレンジ!

・冷却水の交換             4400円

交換時期のため交換

・ブレーキオイル交換          2480円

交換時期のため交換

・オイル交換、エレメント交換     コバックのクーポン利用

車検不適合、車検需要項目はこのような詳細になりました。

車検整備料25,886円から車検のコバックでは早期割引などで7,000円の割引。

オイル交換やタイヤ交換など2年間有効のクーポン3,000円を購入。

車検整備料合計 38,946円

車検諸費用   72,630円

消費税      2,876円

今回の車検は 114,452円でした。

2018年ワゴンR 25周年記念車女性に人気の軽自動車の選び方

エスティマアエラス、13年目の車検整備料~まとめ~

今回車検の担当整備士さんの話し方の印象から、

このエスティマなら15年目の車検も行けそうなニュアンスでした。

軽自動車と普通車では10年目以降の持ちの違いがよくわかりました。

エスティマ2020フルモデルチェンジなし!まだ乗れる燃費や維持費

エスティマのラゲッジスペースはあと数年は使いたいと再発見!

車検のよく日、長男の27インチの自転車を購入し、

ラゲッジスペースに積んで帰りました。

エスティマのラゲッジスペースなら、自転車を立てたまま乗せられ、後部座席も3分の2残せるので、家族4人乗って帰る事ができました。

新しいエスティマか、同クラスのミニバンが出るまで我が家のエスティマアエラスには頑張って欲しいものです。

 

最後におまけ・・・

車検を待ってる時にベストカーの2019年4月10日号に新型エスティマの記事を発見。

スペックや写真も記載されていました。

エスティマの独特の卵型はそのままで、燃料電池の車になるようです。

車体価格は500万円~となっていますが、

もろもろで実際は安くても600万円~・・・

現実は難しいものです(T_T)

新型RAV4発売、エスティマからの乗り換えや値引きは?

-お気に入り, お気に入りの車

Copyright© ママ・パパ・実体験ラボ【普段ありがちな問題や疑問を解決!】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.