おでかけ

タングラム斑尾のラベンダー園&ゆり園は混雑する?

更新日:

 

自然豊かなタングラム斑尾リゾート

冬はスキー場、初夏はラベンダー園とゆり園が楽しめます。

広大な斜面にラベンダー園、リフトに乗って見下ろすゆり園はとてもキレイです。

タングラム斑尾リゾートは広大な敷地、期間中は土日祝日でも混雑というほどではないので、

ゆっくりと楽しめます!

タングラム斑尾のラベンダー園&ゆり園のアクセスや混雑状況

タングラム斑尾リゾートとは?

新潟県のすぐ隣、信州・長野県信濃町、斑尾山の麓に広がる複合リゾート施設がタングラム斑尾です。

ホテルタングラムから1歩外へ出れば、冬季間はゲレンデ、グリーンシーズンは広大な緑、初夏はラベンダー園とその先にはゆり園が拡がります。

また、タングラム斑尾のアクティビティは種類が豊富で子供から大人まで1日楽しめます。

ホテルタングラム内には、露天風呂を持つ温泉大浴場、冬季でも泳げる室内プールも人気です。

タングラム斑尾リゾートへのアクセス

車でのアクセス最寄りのICは?

上信越自動車道の信濃町I.C、妙高高原I.C、どちらからも同距離約10km、

混雑はしないので15分程で到着します。

駐車場は混雑する?無料駐車場?

タングラム斑尾の駐車場は約1000台、もちろん無料です。

第1~第6駐車場までありますが、近くの第1駐車場から埋まります。

また、ホテルタングラムに宿泊の方で第1駐車場は埋まっている場合もあります。

第3くらいから少々遠くなりますが、駐車台数はたっぷりありますので、

駐車場の混雑ほとんどありません。

 

初夏の楽しみ「ラベンダー園」

毎年、初夏に開催されているラベンダー園。

ホテルの前庭から見上げると敷地面積約7,500㎡に約1000万本のラベンダーが楽しめます。

早咲き、遅咲きの品種がくまなく植えられていますので、ラベンダー園の中に入ると香りも楽しめます。

見ごろは例年7月上旬から8月上旬。

ラベンダー園は入場無料

摘み取り体験のみ1人500円で体験できます。

初夏の楽しみ「ゆり園」

ゆり園も毎年初夏に開催されています。

観光リフトに乗ってゲレンデを登っていくと、

敷地面積約20,000㎡の花畑に色とりどりに植えられた100万輪の百合の花を見下ろしながら楽しめます。

見頃は例年7月中旬から8月上旬ですが、

8月になると枯れている花も多く、隙間が目立ちます。

せっかくなら、7月中に御覧ください。

 

ゆり園の観光リフト運行期間

7/13(土)~8/18(日)

ゆり園の見頃に合わせて運行されています。

リフトは動き続けているので、混雑はほとんどしません。

ゆり園入場、観光リフトは有料

ラベンダー園の入場は無料ですが、ゆり園への入場には観光リフト乗車が必要。

ゆり園観光リフト+入園の料金

大人        1200円

小人(小学生以下)  500円

★片道・往復共に料金は同一料金です。

★ペットも同乗乗車可能500円です。

ゆり園に、徒歩での入場はできませんが、退場(下山)は徒歩でOKです。

ゆり園の歩く場所はゲレンデ斜面にチップが敷き詰められています。

歩きやすい靴で楽しみましょう。

 

タングラム斑尾・おすすめアクティビティ

スーパーボブスレー

我が家のタングラム斑尾を訪れる楽しみの一つがスーパーボブスレーです。

4歳のお子さんから同乗でき、ハンドルを前後するだけの簡単スピード調節。

シンプルですが、迫力は満点です。

ラベンダー園の畑の中も滑走コースに入っていますので、

香りも一緒に楽しめます。

ボブスレーは時間によって混雑する場合もあります。

近年は子供も大きくなり一人で乗っていますが、

子供と乗っていた時はスリルがありました^^;

スーパーボブスレー開催期間

・ 2019年5月18日(土)~10月14日(月祝)の土日祝  9:00~16:00
・ 2019年7月13日(土)~9月1日(日)の毎日     9:00~17:00

スキー場のゲレンデを利用のためか・・・ゴールデンウィークは開催されていません。

スーパーボブスレー・料金

1回券:600円
2回券:1,000円

年齢:4歳以上(小学2年生までは保護者の方と一緒に)
飲酒、妊婦、高齢、健康面の問題を持つ方は乗車できません。常識の範囲を守りましょう。

他にもたくさんのアクティビティがあり、1日楽しめます。

詳しくはこちら ↓ ↓ ↓

タングラム斑尾公式サイトはこちら

 

タングラム斑尾のラベンダー園&ゆり園は混雑する?

タングラム斑尾は標高が高いので、初夏に訪れると気持ち良い陽気です。

真夏でも、心地よい風が吹いていて気持ち良いです。

ただ、紫外線は強いので防止、サングラスなど・・・

紫外線対策はお忘れなく。

こちらでは紹介していませんが、ラベンダー園&ゆり園開催時は、

レストラン・ジグザグでのビュッフェも開催されます。

情報は追記させて頂きます。

中野市「なかのバラまつり」混雑する?駐車場やアクセス

 

-おでかけ

Copyright© ママ・パパ・実体験ラボ【普段ありがちな問題や疑問を解決!】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.