季節の出来事 家庭菜園

家庭菜園の6月はレタス収穫と夏野菜トマトのわき芽と追肥で病気予防

更新日:

 

家庭菜園の主役は夏野菜ですが、同じものばかり作ると連作障害になってしまいます。

ただでさえ猫の額程度の家庭菜園なので、夏野菜のトマトやピーマンの畝の間には枝豆を作っています。

その枝豆の育苗している間、畑の余っている場所にサニーレタスとブロッコリーの苗を植えていたのが、

6月に入り、無事収穫となりました。

 

4月にホームセンターで買ってきた、サニーレタスとブロッコリーが大きく育ちました!

家の影で日照時間は少ないものの、1ヶ月半程で立派に収穫できました。

 

家庭菜園の6月はサニーレタスとブロッコリーの収穫と夏野菜の管理

サニーレタスの成長日記

4月は例年よりも寒い日が続き、5月は暑かったうえに雨が少なかったのですが、

たまに水やりをしていた程度でほとんど放ったらかし状態で一ヶ月。

雨が少なかったのが逆によかったのかレタスの天敵、ナメクジも付かず、

6月に入りみるみる大きく育ち収穫することができました。

 

ブロッコリーの成長日記

サニーレタス同様、4月は寒く5月は暑い日が続きました。

乾いた土に植わっていたブロッコリーが強風にあたり、根っこがむき出しになってしまいましたが、

持ち直してくれて元気に大きく育ちました。

葉っぱの周りはモンシロチョウが飛び交いアオムシの餌になっているようです。

 

夏野菜トマトの手入れはわき芽を摘みとりと追肥、病気予防も


トマトのわき芽はなぜ摘み取るの?

家庭菜園でトマトを栽培する場合は、1本立てが収穫量も多くおすすめです。

ただ、成長と同時にわき芽もどんどん大きく育ちます。

わき芽は小さなうちに摘み取って、大事な栄養が実にいくようにしましょう。

わき芽を野放しにしておくと、一見たくさんの実が着きますが、

その実は小さく、収穫量は少なくなってしまいます。

こまめに摘みとりましょう。

 

わき芽の摘み取り方法

トマトのわき芽は小さいうちは手でポキっと摘み取れます。

手で取れそうなら手で摘み取ってかまいませんが、

大きく育ったわき芽はハサミで切って下さい。

手で無理に折ってしまうと、大事な茎が裂けてしまうこともありますので、

丁寧に摘み取りましょう。

 

トマトの追肥とは?

トマトの追肥は、少量の化成肥料を2週間に一度まきます。

トマトの苗が小さなうちは根本に。

トマトの苗が大きくなり根が張ってきたら、畝全体に少量をまきます。

 

トマトの病気、尻腐れ病の予防方法

トマトを育てていると、トマトの病気にも遭遇します。

その中でもポピュラーなのが「尻腐れ病」です。

尻腐れ病はカルシウム不足から発生する病気です。

小さなプチトマトやミニトマトは経験尻腐れ病になりにくいですが、

料理用に作っているイタリアン・トマトに発生したことがあります。

土のカルシウム不足解消はとても簡単です。

石灰を少量根本にまくだけで解決します。

尻腐れ病予防にも、少量の石灰をまくといいですよ。

4月夏野菜と枝豆の植え付け準備開始、GW後に定植

 

-季節の出来事, 家庭菜園

Copyright© ママ・パパ・実体験ラボ【普段ありがちな問題や疑問を解決!】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.