季節の出来事 家庭菜園

初心者でも簡単な秋定植のキャベツの栽培方法、畑作りから始めよう

更新日:

 

夏の間、我が家の家庭菜園は夏野菜でにぎやかでした。

一部は来年のイチゴ栽培の場所ですが、その他は来年まで使いみちはありません。

そんな時にぴったりなのが、キャベツなどのアブラナ科の野菜です。

8月後半から9月中はホームセンターで手軽に苗も購入できますので、

初心者でも簡単なキャベツ栽培に挑戦することにしました。

畑作りから、定植、アオムシ対策など・・・簡単なキャベツ栽培を紹介します。

 

初心者でも簡単な秋定植のキャベツの栽培方法、畑作りから始めよう!

簡単なキャベツ栽培・畑作り

キャベツは苗を定植する2週間前に畑作りを始めます。

苦土石灰、堆肥、油かす、化成肥料を一緒に混ぜ込み桑でよく耕します。

特に、夏野菜の栽培で土壌は酸性に傾いていますので、石灰はお忘れなく。

しっかり耕したら畝作りです。

 

簡単なキャベツ栽培・畝作りや株間

我が家はスペース的に、1条植えと2条植えにしています。

1条植えでも交互に植えると1条植えよりもたくさんの苗を植える事ができます。

キャベツの株間は35cm~40cm、条間は45cm~50cmです。

前後左右に間隔を空けて定植します。

 

苗はホームセンターで購入

キャベツの苗はホームセンターで購入できます。

単品や連結ポットなど様々なタイプの苗が売っています。

自分の畑に合った苗を購入しましょう。

我が家の家庭菜園では、早生品種のキャベツ、早生品種の紫キャベツを購入しました。

農家さんは7月からセルトレイなどに種まきをして芽出しをします。

たくさん畑があるなら農家さんのようにしてもいいですが、

猫の額ほどの家庭菜園では、種からの栽培は多すぎて無駄になってしまいます。

 

簡単なキャベツ栽培・定植後の管理

 

キャベツはアオムシが大好きな野菜です。

毎日、アオムシチェックをしたらいいのですが、

1週間ぶりくらいに見に行ったところ、アオムシを2匹発見!

大きく育ち始めた葉っぱを食べ、糞をしていました。

アオムシは見つけ次第駆除しましょう。

 

キャベツ栽培は不織布やネットでトンネルが大事

こちらは紫キャベツの苗を定植した場所です。

全てのキャベツに不織布などのネットでトンネルをかければ、

アオムシチェック、駆除をする必要はありませんが、

不織布ネットや支柱も安くありません。

家庭菜園程度なら、害虫程度はアオムシチェックで乗り切りたいものです。

 

簡単なキャベツ栽培・化成肥料で追肥

キャベツの追肥タイミングとは?

①隣の葉っぱとくっつきそうになったら

キャベルの苗が大きくなり、隣の葉っぱとくっつきそうになった頃が追肥のタイミングです。

追肥として化成肥料を株間に少量蒔きます。

この時、軽く土寄せも行ないます。

②キャベツの血球が始まったら

結球が始まったら畝の両側に2回目の追肥を行います。

この時も土寄せします。

土寄せをしないと雨で化成肥料が流れてしまうので、

必ず行ないます。

 

簡単なキャベツ栽培・収穫時期

キャベツは収穫時期になると、隣の葉っぱとピッタリくっつく程の大きさになります。

球も大きくなり、上から押してしっかりとしまって固くなっていたら収穫OKです。

葉と葉の間に手をいれ、株を斜めにして包丁でスパッと切って下さい。

鎌では小さいので包丁がオススメです。農家さんはみんな包丁で収穫しますよ。

夏から始める初心者の家庭菜園でのブロッコリー栽培方法、簡単な育て方

-季節の出来事, 家庭菜園

Copyright© ママ・パパ・実体験ラボ【普段ありがちな問題や疑問を解決!】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.